すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

ソ連末期に「41分割」案 アンドロポフ氏倒れ実現せず 元側近証言

これは、腐った体質は崩壊まで突き進むことが運命付けられてるよ、って言われたようなエピソードですな。




ソ連末期に「41分割」案 アンドロポフ氏倒れ実現せず 元側近証言

 【モスクワ=内藤泰朗】ソ連時代の末期に、多民族国家の同国を民族によらない41州の行政区に分割する案が考案されたものの、主導したアンドロポフ書記長(当時)が病で倒れ、実現しなかったことが、同書記長の補佐官を務め9日に死亡したウォリスキー前ロシア産業企業家同盟会長の生前インタビューで明らかになった。ロシアの日刊紙コメルサントが報じた。

 それによると、ブレジネフ書記長の死後、指導者となったアンドロポフ氏は、民族別に区分けされたソ連の行政区を消滅させるという切望があった。民族対立や差別は当時からあったが、民族問題を解決するため、ウォリスキー氏に新行政区を考案するよう命じた。

 同氏は、15の案を提出したが、書記長はいずれも気に入らず、友人である科学者のベリホフ氏(現ロシア・クルチャトフ研究所所長)と2人で地図をにらみながら作業を行い、41州に分割する案ができた。しかし、完成とほぼ時を同じく、書記長が倒れ、同案は最後まで完成しなかった。

 ウォリスキー氏は、もし、同案がソ連共産党中央委員会にかけられていたら、ソ連崩壊後独立した各共和国の指導者たちも賛同し、その数年後突如起きた悲劇的なソ連の崩壊には至らなかったかもしれないと語った。

 同氏はまた、アンドロポフ書記長が後継者に実はゴルバチョフ氏を指名していたが、同書記長の死後、チェルネンコ氏が引き継ぐことになったソ連末期の政界のエピソードも披露した。

 ウォリスキー氏は、ブレジネフからゴルバチョフに至る4代にわたるソ連の歴代書記長に仕えた政界の重鎮。1991年12月のソ連崩壊後は、経済界の束ね役となり、知日派であることから日露賢人会議のメンバーにもなっていたが、病に伏し9日に74歳で死亡、12日に葬儀が営まれた。
(産経新聞) - 9月19日16時58分更新
[PR]
# by exist2ok | 2006-09-20 01:27

ロシアの態度とか 新石油パイプライン建設について

ロシアが統制を強める背景には米中とのパワーポリティクス上の均衡を維持し、また、エリツィン時代の汚職と政商の跋扈により政治力が大幅に減退したことの反省のうえでだろう。プーチン大統領の手腕は現在の国際政治を見るうえでアメリカのブッシュとも中国の胡 錦濤(切れ者だといわれるが、それでも中国の巨大な官僚的体質のなかでのことであり、質が異なる)とくらべても抜きん出ている。

しかし、国内的な成功がこのまま続くとして、それは同時に周辺諸国の警戒心を高めていく結果になってしまっていることにも注意しないといけない。国内における情報統制、人道問題もしかり。ロシアにおいては自由も平等も認められているが、しかし、それはおそらくある不文律があっていびつに限定されたその範囲を少しでも越えようものなら直ちに国家の強制力は警察の訪問や移民局におけるビザの取り消しとなって実態的に姿を現す。

ロシア経済が今後十年は安泰といわれているだけに今後の政治権力の方向性は等閑視するわけには行かない。




エネ市場巡り思惑交錯 露が新石油パイプライン建設へ

 ■警戒感根強い欧州 LNG輸入加速

 【モスクワ=黒川信雄】欧州のエネルギー安全保障をめぐり、供給国のロシアと欧州各国の駆け引きが活発化しそうだ。ロシアは4日、欧州向けの新しい石油パイプラインの建設でブルガリア、ギリシャと合意。欧州で約4分の1のシェアを握る天然ガスに続き、石油輸出を強化する姿勢を示した。一方、ロシアの影響力拡大を警戒する欧州各国は第三国からの液化天然ガス(LNG)の輸入を増やすなど脱ロシアの動きを加速する見通しだ。

 タス通信によると、ロシア、ブルガリア、ギリシャの3カ国は、トルコのボスポラス海峡を通らない石油の新パイプライン(総延長320キロ)建設を年内にも始めることで合意した。

 黒海を経てブルガリのアブルガスとギリシャのアレクサンドルポリスを結ぶルートで、完成すればエーゲ海に年間3500万トンのロシア産石油を運べるようになるという。ロシアの影響力の及ばない輸送路を確保しようと欧米が中心となって運営するバクー・トビリシ・ジェイハン(BTC)パイプラインに対抗する狙いとみられる。

 プーチン大統領は「欧州のエネルギー安全保障の強化に貢献できる」と述べた。

 ただ、欧州各国には、ロシアがエネルギー市場で一段と影響力を強めることへの警戒感が根強い。ロシア産天然ガスを一手に輸出している露国営企業ガスプロムが今年1月、ロシアと政治的に対立したウクライナ向け供給を一時停止。欧州向けも脅威にさらされた苦い経験があるためだ。

 英字紙モスクワ・タイムズによると、米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、欧州各国がロシアへのエネルギー依存率引き下げを狙いに、中東・アフリカ産LNGへの切り替えを加速するとの予測をまとめた。

 LNGは天然ガスがパイプラインで輸送されるのに対し、タンカーで輸送できるため、輸入元を多様化できる利点があり、欧州各国は主にカタール、ナイジェリア、アルジェリアなどからLNGを輸入している。

 S&Pは、欧州各国でのLNG需要は2010年まで年間14%の増加が続き、2004年の3400万トンから10年には倍以上の7300万トンに達すると予測。ロシアからのガス輸入量が大きく減少することはないものの、総需要が伸びる中でロシア産ガスのシェアは相対的に低下するとしている。

 ただ、ガスプロムもこうしたLNG需要の高まりに無関心なわけではない。同社は現在、LNGの生産技術を確立できていないものの、欧米企業からのLNG輸送船の購入を含めLNG事業の態勢整備を急いでおり、欧州市場戦略を一段と強化するとみられている。
(フジサンケイ ビジネスアイ) - 9月6日8時32分更新
[PR]
# by exist2ok | 2006-09-10 21:51 | 雑感

ブレイク必至!? 謎のメキシコ人カリートさん覆面ライブ

カリートってのもさることながら、ジャック・ブラック主演のこの映画「ナチョ・リブレ」も興味をそそられる。「スクールオブロック」の脚本家マイク・ホワイトが手がけている点も期待度が高まりますね。


英語のオフィシャルサイト

孤児院で育ち、僧侶になるイグナチオ。プロレスラーになることを夢見てきた。子供たちの食事を調達するためレスリング・コンテストに出ることに。それは同時に自分の夢を実現できるチャンスでもあった。彼はホームレスの男とコンビを組み、たちまち人気は急上昇。しかし、イグナチオははじめの目的を忘れていって、、、

Ignacio (aka Nacho Libre), as a young orphan, always had dreams of becoming a professional wrestler. Instead, he grew up to be a Monk at an orphanage. Ignacio loves the children, but does not like the way his life has become. He is also upset that he cannot provide enough food for the kids, the other monks, and a nun named Sister Encarnación. When a local wrestling contest offers a cash price, he looks for it as opportunities to not only provide for everybody but to fulfill his lifelong dream as well. He teams up with a local homeless man to become an amateur tag team. As his fame goes up, does Nacho forget why he began fighting for in the first place?




ブレイク必至!? 謎のメキシコ人カリートさん覆面ライブ

メキシコの伝説的な人物を題材にした作品に、深い感銘を受けたカリート「イエーイ!」
 
 ジャック・ブラック主演の痛快コメディ『ナチョ・リブレ 覆面の神様』の応援ソングに、「GO! GO! カリート」が決定した。歌っているのは“謎のメキシコ人カリート”。ジャック・ブラックから直々に依頼を受けて抜擢された、覆面グループ“ナチョリブレズ”とともにライブを開催した。

 カリートは大きなメキシカンハットとサングラスを身に付け、個性的な口ひげを生やした口元には自慢の金歯を光らせている。軽快なメキシコ調のリズムに合わせ、「カリート、カリート、カリカリート」と一度聞いたら頭から離れなくなるようなノリノリのフレーズとともに踊り狂うカリート。

 この日は夏休みの最終日ということもあって、会場となった汐留の日本テレビ前にはたくさんの子どもたちが遊びに来ていた。カリートの歌う聞き慣れないサウンドと奇妙な腰つきに、初めは戸惑いを隠せない様子だった子どもたちも、すぐに曲を気に入り、一緒になって踊りだしていた。

 7月に発売したアルバム「メキシカン・ヒーロー」が爆発的な大ヒットとなり、注目を集めたカリート。今後、映画の宣伝とともに、ますます活躍の場を広げる彼から目が離せない。

『ナチョ・リブレ 覆面の神様』は11月3日より全国公開。
ナチョ・リブレ 覆面の神様』オフィシャルサイト
[PR]
# by exist2ok | 2006-09-02 00:16 | 雑感

露機墜落「死に至るケチ」と露紙…燃料倹約で奨励金 について

さもありなん。

先日友人が言っていたチャーター機の劣悪な状態というのの一例だと思います。

ウクライナの友人の話では、この大惨事によって祝日の行事が自粛される例が多かったそうです。170人といったら大事故ですからね。それについ最近まで同じ国の同胞だったわけですから、ウクライナ人にとっても他人事ではないですね。





露機墜落「死に至るケチ」と露紙…燃料倹約で奨励金
 【モスクワ=古本朗】ロシア・プルコボ航空のTu154旅客機が22日、ウクライナ東部に墜落、乗員・乗客全員が死亡した事故をめぐり、航空会社がパイロットに徹底した燃料倹約を強いたことが事故の誘因になった――との新説が露メディアで浮上し、物議を醸している。

 28日までに死者総数が170人と確認された同事故について、大衆紙モスコフスキー・コムソモレツ(26日付)は、「死に至るケチ」の大見出しで、この新説を紹介した。

 事故機が所属する航空会社の内情に通じている、というパイロットは同紙に対し、同社が自社パイロットに毎月300ドル(約3万4500円)の燃料倹約奨励金を払うほか、地元空港以外での給油は値段が高いので制限するなど、厳しい倹約策を敷いている、と証言。
[PR]
# by exist2ok | 2006-08-30 23:10 | 雑感

もはやブームではない!?文化的評価が高まる「お笑い」 について

本当にそんなに楽観的な話なんだろうか? 

むしろ芸の精進とともに芸能界内でのまさに日本的な人間関係に食い込めた者こそが残っていくのであって、それが芸のレベルの底上げになっているとは到底思えない。北野たけしや爆笑問題は芸の下積みと実力があって成功し、そこからはじめてもともと別の分野について持っている力を開陳できた(彼らはそのごく初期から自分たちのやりたいことを明確にしている)。しかし、それだけの深さがもともとない芸人に何が起きているかということは、ばかるでぃ(現:さまぁ~ず)やとんねるずやその他多くのコンビが端的にあらわしていると思う。


今のお笑い芸人たちはあるレベルに到達した時点でその芸が突然消滅してしまう。
ぼくが子供のころから同時代で見てきたコンビに「とんねるず」があるが、まさに駆け出しのころの「みなさんのおかげです」での彼らの体を張ったがんばりと笑いの内容の濃さは明らかに芸と呼べるものだったと思う。
しかし、そこから現在の「みなさんのおかげでした」に目をやるとそこにはもはや芸はまったく認めることができない。現在のとんえるずのあの姿こそ芸能界における終わりなきマスターベーションを愚民(トークや食べ歩き、旅行番組を量産し、そこにお笑い芸人を送り込めばいくらでも番組が出来上がると思っていると業界は明らかにそう見なしているだろう。でなければこの異常な数のトーク番組をどう説明するのか!?)に「芸」として信じさせることに成功した現代日本の病理体質そのものではないかと思うのだ。そこにいったいどんな芸の発達がありうるというのだろう?


先ごろ淫行問題で追放された「極楽とんぼ」の山本について興味深いことを耳にした。吉本は大して芸があるわけでもなく、人脈の面から業界に食い込むことで仕事を確保し、しかも若手芸人をけしかけて賃上げの突き上げをする山本が目障りだったので、この機会に切り捨てたという話だ。
現在、山本と同じような状況でテレビに出演する芸人がどれほどいるかを見てみれば、それがお笑い文化のサブカル脱却化→ポップ・カルチャー化へなどと口が裂けてもいえないのではないかと思うのだけど。




もはやブームではない!?文化的評価が高まる「お笑い」

 04年辺りに発生した「お笑いブーム」は、その後も衰える様子を見せず、現在も勢いを保っている。そんな中で、今年1月に出版された、劇団ひとりの小説『陰日向に咲く』は、現在50万部を超えるベストセラーとして、芸能界、出版界ともに大きな話題を呼んだ。さらに、3月には、爆笑問題が漫才師としての肩書きで、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するというニュースが飛び込んできた。これらのことが象徴するように、ここに来てお笑いというジャンルは音楽や映画とともに、主要エンタテインメントを扱うポップ・カルチャーの中で語られる時期に来たのではないだろうか( 写真はこちら )。

(中略)

 だがここに来て、ようやく状況は変わりつつあるように見える。冒頭で述べた爆笑問題の芸術選奨は、深夜番組『爆笑問題のススメ』が対象になったもので、バラエティのジャンルからの受賞は、設立以来初のことだった。また『陰日向に咲く』は、小説でありながらも明らかに劇団ひとりのひとりコントの延長線上に書かれたものであり、この作品が「『なりきり芸』に感心」(斎藤美奈子「文芸予報」、『週刊朝日』連載)といった、コント芸にリンクさせた評価を、文芸批評の中で受けたことは、「お笑い業界」全体にとっても、エポックメイキングな出来事といえる。

 こうした状況の変化は、今も続くお笑い人気が作り出したことは間違いない。今回のブームが、前回までのものと大きく違うのは、人気が長期間持続しているのに加えて、メインで活躍する芸人が従来と比べ物にならないくらい増えている点である。実に様々なタイプの芸人を、日常的にテレビで見ているうちに、視聴者自身が意識するかどうかは関係なく、自然と芸を見る目は養われていくもの。また、多くのブログやSNSで、お笑いライヴのレポートが頻繁にアップされているのを見ても、全体的に笑いに対する関心度が高まってきていることが分かる。

 ただ、お笑いをポップ・カルチャーとして批評する際に、理解してもらいたいのは、音楽や映画と同じく「評価軸はひとつではない」ということである。例えば、オリジナリティ面では劣っている芸であっても、それを補えるだけの親しみやすさをもっていれば、その芸人は十分評価に値するといえるだろう。そこのところを無視した、一元的な批評ばかりになってしまえば、却ってお笑いの世界を味気のないものに変えてしまう恐れもある。そういった偏った評価を避けるためにも、過去の歴史を振り返り、現代の視点で再評価することが、今後重要になってくるのではないか。

 お笑いがポップ・カルチャーのひとつとして広く認識されたとしても、何も芸人が文化人やアーティストの位置に納まるべきではないだろう。常に観客、視聴者の期待に応えながらも、自らクオリティの高さを追及していく「アルチザン」こそが、お笑い芸人の目指す道なのだから。(文/広川たかあき)
(オリコン) - 8月26日10時30分更新

すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
# by exist2ok | 2006-08-26 23:53 | 芸能



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧