すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

谷本健吾独立披露能

11月6日(土)正午開演 於 宝生能楽堂

能 清経恋之音取 清水寛二
狂言 杭か人か謡入 野村又三郎
能 卒都婆小町一度之次第 観世銕之丞
能 石橋 谷本健吾
b0023505_22342050.jpg

すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
# by exist2ok | 2004-11-06 22:34 | お能

ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

2004年10月30日(土) 開演19:00

モーツァルト/ 交響曲第36番ハ長調KV.425「リンツ」
教会ソナタ第1番KV.41h、第15番KV.317a(→12番に変更)、第17番KV.336d
交響曲第41番ハ長調KV.551「ジュピター」

指揮:ユベール・スダーン
オルガン:松居直美
管弦楽:ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
b0023505_11521418.jpg
音楽サークルのお仲間と誘い合わせて行ってきた。
どうもモーツァルトというと自己増殖的に音が音を生んでいく式の澱みないウキウキした音楽を求めてしまうのだが、スダーン指揮のザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団はどちらかというと「重い」系の音作りである。
多かれ少なかれ古楽器演奏に毒された耳には各パートがこたまぜになった音は不快である。各楽器がもっときれいに独立した音として聞えてもいいのではないか? 合奏精度が練り込まれていないのか、もしくはミューザ川崎がそういう残響のホールであるのか、今の時点では判断がつかないが、この程度であれば日本のオケでもいくつもあるような気がする。

すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
# by exist2ok | 2004-10-30 23:51 | 音楽

比叡山延暦寺の声明 ― 御影供 ―

10月30日(土) 開演:14:00
平成16年度(第59回)文化庁芸術祭協賛

天台宗開宗1200年記念

天台宗総本山
比叡山延暦寺の声明 ― 御影供 ―
伝教大師最澄をしのんで】
b0023505_1158333.jpg
これは「音楽」なんだろうか? 例えば、バッハのコラールや教会カンタータの完成度に比べると未成熟、あくまでも宗教行事の域を出ない程度だと思うのだが。
能の歴史における世阿弥の登場の意味を知って感じたことだが、芸術の分野で飛躍的に完成度が増すためには”天才”の出現が不可欠のようだ。
声明の芸術的成立は「三山」でワキとしても登場する良忍上人に負うらしい。だが、声明においては母体である仏教から芸術性が突出していない。


すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
# by exist2ok | 2004-10-30 17:57 | 音楽

国立能楽堂 特別企画公演  

2004年10月28日(木) 18:30


☆平成16年度(第59回)文化庁芸術祭主催公演
◎特集・小町
連吟  鸚鵡小町(おうむこまち) 梅若六郎(観世流)

狂言 歌仙(かせん) 野村萬斎(和泉流)

能   卒都婆小町(そとばこまち) 髙橋 章(宝生流)
b0023505_11391646.jpg
ワキの宝生閑、笛の藤田大五郎、大鼓の亀井忠雄と人間国宝密度がにわかに高まった一晩であった。

こんなことを言っては恥ずかしいのだが、どうも梅若六郎の良さがわからない。今まで、隅田川、土蜘蛛を見、また地謡などにも何度か触れてるのだが、どうしてもこの人でなければ、という部分が感じられない。今回の連吟もあれがいい声というものだろうか? 後ろの席では「いや~、よすぎちゃってね~」なんておじさんが言ってたが。 色々聞いた挙げ句、ああ、やっぱりいい声なのね、と納得いく日が来るかしらん?


すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
# by exist2ok | 2004-10-28 22:50

白洲正子

能を見るようになって白洲正子を知ったのはいつだったか、何がきっかけだったか、すっかり失念してしまったが、現在彼女の他にこれほどぼくの関心を引く著述家はいない。

前回読んだ能の物語は謡曲を再構成して小説風に仕上げたものだが、今回の謡曲 平家物語は、平家物語を検討しつつ謡曲の筋を解釈しなおすというもの。この人の慧眼にはほとほと頭が下がる。能が言葉を如何に大切にしているか、またそれがわからなければ魅力も半減してしまうことを痛感させられる。そして彼女に導かれて”お能”の扱う人間描写の深淵へと徐々に誘われてくる、という仕組みである。
書いていることがいちいち観念的でないので(自身で能を習い、身体として身についているからだろうが)とても容易に胸に落ちてくる文章なのだ。この本の助けがなければ、先日の銕仙会の兼平も理解できなかっただろう。

なんでも意味のあることは難しいものなのだと思う。表面上わかりやすい・楽しいことが意義あるものではないことの方が多い。だから、果実の甘みを味わう為には外皮の苦みを味わなければならない。それが芸の厳しさでもある。
[PR]
# by exist2ok | 2004-10-27 03:00 | 読書



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧