すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

<   2004年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

岩波セミナーブックス59 能・狂言

能・狂言 : 日本古典芸能と現代
横道万里雄, 小林責 著

能・狂言のこれまでの歴史的概略を経、戦後50年間の各流派の動向を解説したもの。
こういう本を待っていた。伝統芸能といっても、時代の流れを受けその摩擦の中で変遷していくものだということが良く分かる。しかも能においては良い意味でその新陳代謝が行われていると好意的に書いてある。狂言の部分もまた面白い。能よりはるかに大衆化が進み成功している。現在活躍する能楽師たちの活動指針や位置の概略を把握できる。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-30 05:27 | 読書

パシフィカ・クァルテット

9月22日(水)19:15

〈クァルテット・ウェンズデイ#33・SQ最前線〉
パシフィカ・クァルテット
[シミン・ガナートラ/シッビ・バーンハートソン(Vn)、マスミ・パーロスタード(Va)、ブランドン・ヴェイモス(Vc)]

曲目:
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番イ短調作品13
エリオット・カーター:弦楽四重奏曲第2番(1959)
スメタナ:弦楽四重奏曲第1番ホ短調「わが生涯より」


実は4年ぶりとなるカルテットのコンサート。不案内なのが足が向かない一番の理由か、、、。この四人、上手い。文句のつけようがない。完成度の高い演奏を四重奏団できく機会が多いのには、一人でもなくオーケストラのように大人数でもなく、この4人という微妙さが良いのかも知れない。アンサンブルの精度と音の多彩な広がりのバランスがとれている。

カーターの四重奏曲は今回の来日で全曲演奏をするそうである。きいたのは二番だが、演奏は別としてこの曲にはあまり納得できていない。というのも、本来、曲自体で表現しなければならないものが、それ以前の舞台設定、テクストに流れ込んでしまっているからだ。
奏者間の距離をあける。各楽器は性格を持っている。曰く、第一ヴァイオリンは怒りっぽい性格で、、、云々。
本来、音楽は音楽そのもので語っていたはずだと信じたいが。まあ、派生的には音楽もふくむ”芸術”は神事・儀式から生まれているのだから、”そのもの”だけで享受される対象として存在していたわけではない。だから、音楽の要素が多いだけで他の手法も組み合わさっている”表現手段”はありうる。示唆的・象徴的な”表現”なのだろう。
しかし、それではどうしてこのぼくやあなたが”その”一表現家の主張に付き合わなければならないのか、という答えにはなっていないだろう。これはこういう事を意味しています、と指示したところで「ああ、そうですか」としかこちらは答えようがないからである。旧来の芸術はそこでセンサシオンに快楽を与えることを忘れていなかった。
ぼくが現代のマテリアルなだけの芸術(家)に否定的なのは、彼らの中では自我・自己主張が大勢を占めていてその個性の発揮という以上の何物ももうでてこない”浅さ”にある。それはつまるところ新奇さ以上のなにものでもない。それはすでに”倦怠”が裏側に張りついた”新しさ”なのではないか。

アンコールでピアソラの4 for TANGOがかかったが、偶然、メキシコできいてもいるラテンアメリカ四重奏団のCDに入っている。ピアソラが弦楽四重奏の為に書いた唯一の曲。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-25 02:21 | 音楽

能面

面の世界

福山元誠の世界


能楽への誘い
[PR]
by exist2ok | 2004-09-19 12:07 | 能楽リンク

秋風邪にやられました

不覚にも風邪をひいた。
いきなり寒くなった日もあったので、そのせいかも。おばあちゃんにうつしたら大変だ。

喜多流の粟谷氏が産経学園で仕舞・謡講座を担当している。ワン・シーズンでは短いがはじめてみる。

一日の休みもないように仕事を配置してゆく。忙しさは無駄な思考から救ってくれる。と思いたいが、じつのところそうそう手痛い経験を忘れることは出来ないようである。油断すると後悔の念が頭を擡げる。ラ・ロシュフコーは5分の読書で紛らわせないことなど何もない、というが。

ウクライナで調べると、目に付くのが国際結婚とかメールでやりとりしている彼女(何故メールでしか繋がりがないのに恋人になれるのだろう?)がどーたら、という内容。美人を輸出している国な訳ですね。せいぜいカモられないように御用心。星の王子さまに言われるまでもなく、肝心な部分は目に見えなかったり、それほど美しくない場合が多い。日本から一歩外に出たら、欲望が剥き出しのブルータルな世界なのだと知ったほうがいいのです。傍目にも異常なほど”幸せ”か否かに執着する態度(観念的に、という点も重要)にも日本人の危うさは潜んでいるように思う。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-19 01:30 | 雑感

定例公演  貰聟 唐船

2004年9月17日(金) 18:30

狂言 貰聟(もらいむこ) 大藏千太郎(大蔵流)

能   唐船(とうせん) 観世恭秀(観世流)b0023505_12542628.jpg

出し物について。
能の世界にはパースペクティヴが存在しない。共在するものがその都度フォーカスによって浮かび上がる。だから、それを理解すれば、船や庵などの見かけ上のあり方が洗練されてできあがったものだと納得が行く。
遠近法が確立する前の西欧の中世宗教絵画などを見るとよくわかる(ランブール兄弟やジヨットーなど)。それは稚拙なのではなく、ものの見方が根本的に異なる故にそうなのである。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-18 22:31 | お能

ゲンダイオンガク(現代音楽)

何故だか所謂”ゲンダイオンガク”なるものをきくようになった。
調性のない”キチガイ”音楽じゃない? というのはもっとも、とは思わぬまでも、何が楽しくてきくのかサッパリ、、、? だった。
それなのに何故か、このところCD棚から選ぶのはこれらの音楽ばかり。シェーンベルクやウェーベルンを筆頭にシチェドリンとグバイドゥーリナが主なところ。

”マルテの手記”の中に、ベートーヴェンの音楽が、自分を連れ去って二度とこちら側へ戻ってこれなくなるかもしれないので音楽を聴けない、とかいう部分がある。メロディーが感情にダイレクトに影響を及ぼす調性音楽はこちらに没我を促す。それは心に踏み込んでくる為(音楽の楽しみは心を蹂躪される楽しみでもある)、ときにわずらわしい。
はじめから感情的同調を拒否した(容易に許さない、というべきか)音楽が、きいている最中ですら音楽だけに耽溺できなくなった己に合うのだ。


おりしもブーレーズが指揮したシカゴ響のケルン公演のDVDがありストラヴィンスキーの”火の鳥”をみたら、バレンボイムと10分ほど対談していて無調について語っていた。バレンボイムの英語が酷くてあまり理解できなかったのだが、要するに沢山きいて曲の語る語法を知ること、と言っていたようだ。演奏者ですら触れる機会が少なすぎるというのは確かにいただけない。

日本のコンサートでもチャイコフスキー、ベートーヴェン、ブラームス、モーツァルトの有名曲ばかり演奏するのはいい加減卒業したらどうだろう?(これだけ多くのプロ・オーケストラが首都に集中し、しかもほとんど演目に差異がないという異常さ) 日本ではほとんどコンサートに行かなくなって久しいがこの国の音楽産業はスポンサーもそうだが、演奏家に主体性がなく圧倒的に堕落していると思う。レパートリー広げる努力を怠っているのは明らかだから。


ちなみに同じ日にゲルギエフ指揮(ウィーン・フィルだったか?)でバシュメットがシュニトケのヴィオラ協奏曲を弾いているDVDも見た。シュニトケはうっとりする旧来のメロディーラインに急にグロテスクな転調をかけるようなイメージがあるくらいしか知らないのだけど、自然に興味をひかれるようになった。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-14 01:05 | 音楽

12日(日) 第21回横浜かもんやま能

b0023505_16341179.jpg解説 (第一部・第二部とも):三宅晶子 (横浜国立大学教授)
<第一部>
 狂言「呼声」(大蔵流)茂山千五郎
 能「野宮-車之出」(喜多流)粟谷能夫
< 第二部>
 狂言「昆布売(こぶうり)」(大蔵流)茂山千五郎
 能「小鍛冶-黒頭」(観世流)観世銕之丞

さて、かもんやま能である。野宮は正直まだ良く分からない。こちらの観客としての程度が影響する演目だろう。
期待していたのは言うまでもなく銕之丞である。また、”小鍛冶”は作品としても動きが多く、半年前に国立能楽堂の若手能でみてもいるので敷居は低い。三宅先生もおっしゃっていたが、目を引くのは”黒頭”だ。普段、小鍛冶の後シテは赤頭に狐型の切り抜きのようなもの(汗)をつけるのだが、今回は黒頭の鬘のみ。しかも、面が小飛出ではなく般若に近い。衣装も袴が金箔で三角に切りあがった文様の並んだ強烈なもの。黒頭ではメリハリが利いた動きになる(とのこと)。
改めて銕之丞というシテの凄まじさを確認した。前シテで橋掛かりに立っているだけで、気力の漲った身体が緊張で張り詰めているのがわかる(因みにこちらの面も”童子”ではなく”喝食(かっしき)”であったようだ)。能の凄さ、そして見る楽しさはここにあるのだ。
後シテではこれまたワキの達人宝生閑が相手役であり、この二人でもって完全に”小鍛冶”という作品を食ってしまっていた。作品のレベルがこの達人二人の腕前を表現するだけの内容を持っていなかった。あっという間に終わってしまったのが至極残念だ。

銕之丞は10月1日は品川薪能で”高砂”を、6日は銕仙会で”兼平”を舞う予定を把握している。が、チケットは確保できていない。
僕は音楽でもすごいと感じたことはあるが、この九世観世銕之丞氏に対するほど麻薬的に、それがなければ夜も日もあけないというものはなかった。自分の同時代でそういう再現芸術の担い手が存在するとも思わなかった。何しろ、巨匠不在の時代である。だが、いた。しかも、日本人でなければその十全な理解の可能性は極端に狭められてしまうという自国の芸術において。十分に味わい尽くしたいものだと思う。何年かかるか分からないが、能楽のより多くを理解できるようになりたいものだ。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-12 09:05 | お能

ライカ犬、とか

ネットを見ているとたまに面白い物を発見する(注)。ライカ犬のクドリャフカのお話。ちょっとほろりときました。

非常に薄いところで他人に愛想良くしている内に、人に共感しない人間になってきた、と我ながら思う。無感動に気が付くと気が滅入る。しかし、こうした半鬱状態は日本を出たとたん取るに足らないものになってしまう。日本人には”ひきこもりの素質がある”というが。

感傷としての日本人、をどこまでも殺し尽くすこと。その準備をする為にぼくは”能”を見てる、といったら突飛に聞えるだろうか? ぼくにとって少なくとも、能は感情的自己同一化の反復のためにあるのではない。外側からの確認するべきリファレンスである。

(注)かといって、価値があるという意味とイコールではないので残念だ。ここまで多くの有象無象がネットで個人の”つぶやき”を披瀝し、その背景を探ることなしにはそれらを理解することがほとんど不可能になってしまった現在、受け手の自分の中でそれらを纏め上げることにすら困難を感じる。結果、すべてはよそよそしいものに変化する。ぼくはもう人を理解しようとしなくなる。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-10 05:23 | 雑感

バービ・ヤール

ショスタコーヴィチがエフトゥシェンコの詩に曲をつけて交響曲第十三番としたことで有名になった場所。ウクライナのキエフ郊外に位置するとのことで、そのうち訪れることになるはずなので調べてみた。関連記事はこちら
竹内高明のウクライナ通信より。


(注)上のリンク先の親元ウェブサイト。
いまだにこういう活動を行なっている人がいるのに気が付くと頭が下がる。もう6~7年前になるが写真家 本橋成一氏の ”ナージャの村”という映画を大学の友人と東中野へ見に行ったことがある。緑は戻り、一見変哲のない農村。だが、村人はみな甲状腺を切り取ったあとがあったのを鮮烈な印象で今でも思い出す。
原爆は今も落ちつづけている、とは誰が言った言葉だったか。ナイーブすぎる気がしないでもないが、正しいことを正しい分だけ言ったのでは、誰も気付いてくれないのだろう。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-09 23:53 | 音楽

国立能楽堂 定例公演

2004年9月8日(水)

能   敦盛(あつもり) 大坪喜美雄(宝生流)

b0023505_12542628.jpg
[PR]
by exist2ok | 2004-09-09 04:39 | お能



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧