すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」

これはもう行政のミスですね、そういう仕組みにしてしまった。
だって、善意や慣例に頼って払わせていること自体がおかしいんだから。黒白つくようにしなきゃ「システム」じゃないわけです。行政はシステムであるべきです。だからほとんどの人がモラルの問題だと勘違いしているけど、第一の原因は払わなくてもいい抜け道をほったらかしておいた構造にあるわけです。


しかし、こういう公共心の欠如したさもしい親ももう一度小学校からやり直しだね。処罰があって当然だし、恥でもかかせて懲らしめた方がいい。

こういうさもしいことを平気でする人間というのはズルして得しているように見えるが、実際はそうではないことが多い。実際の社会には不満が満ち満ちており、「さもしさ」からは「豊かさ」が出てこないからである。給食費すら払わぬ、そしてそれすら惜しむようなさもしい人間の集まった家庭をのぞけば、彼らの生活が如何に不平や不満やストレスに満ち、全ての悪しきことを他人や社会のせいにしているかが分かるだろう。

すでにそういう思考回路をもっている時点でさもしい。さもしさからは人間関係上も、金銭的にも「豊かさ」は生まれないのである。年収5000万円以上の人間で「与える」ことを知らず、けちな人間というのをぼくは見たことがない。それもそのはず。

精神的にも金銭的にも「豊かな人間」は、「与える」ことができる人間であり「奪う」ことに汲々としない。給食費ごときが払えない、払わない、払いたくない、そんな家庭が豊かな生活を営めるわけがないのである。そして彼らは自分たちの精神的・金銭的に惨めな生活を生涯抜け出すことができない点で、給食費を払わない以上の損害、いうなれば「罰」を受けている。

社会倫理や公共道徳というのは、その本当の意味が分からない人間にとっては常に謎であり窮乏化の端緒である。




給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」


 家計にゆとりがあるのに給食費を払わない保護者が増えている。あまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐ。未納分を学校側が立て替えたり、給食の質や量を下げて対応している事実は、教育界では“公然の秘密”。生活保護に上積みされた給食費を別の出費に流用する保護者もいるほどで、きちんと払っている保護者や教職員たちから非難の声が上がっている。(池田証志)

 「高級外車を乗り回し、携帯電話に何万円も払っているのに、給食費は払わない保護者がいる」。文部科学省にはこんな報告が相次いで寄せられている。外車に乗るような世帯だけではない。国や自治体は所得により生活保護に給食費分を上乗せして支給しているが、それでも給食費を滞納する保護者も多いという。

 小学校(低学年)で月3900円、中学校で月4500円の給食費(文科省発表の全国平均)。宇都宮市は9月12日、給食費を滞納している保護者38人に、支払い督促を宇都宮簡裁に申し立てた。4月には仙台市が、翌5月には北海道根室市が同様の措置を取っている。支払いに応じなければ、裁判所による差し押さえの処分が下ることになる。

 宇都宮市の調べでは、5月1日時点で、702人分の給食費が3カ月以上未納で滞納総額は3290万円。中学校21校中20校、小学校59校のうち40校で未納者がいた。未納者がいない学校の方が少なかった。

 北海道芦別市では昨年3月、支払い能力がありながら支払う意思がない「特定滞納者」に行政サービスの一部停止や住所、氏名の公表などを認める条例を可決した。

 佐賀県多久市では一昨年、給食費の納付を約束する保証人付きの「確約書」を全保護者に求めた(昨年度で廃止)。山梨県笛吹市でも「連絡なしに滞納した場合は給食停止」という同意書を保護者に提出させた。

 広島県や東京都でも悪質な未納事案が横行。学校側の再三の説得にも支払いに応じず、教員がポケットマネーで負担した例は日常茶飯事。教師や校長、PTAの役員が給食費を立て替えたものの、子供たちが卒業した後に踏み倒されてしまった例が絶えない。

 各自治体は、徴収員の配置やプリペイド方式の採用など“あの手この手”で踏み倒し防止に躍起だが、滞納する保護者の多くが「義務教育だから払いたくない」の一点張り。なかには「給食を出せと頼んだ覚えはない!」「給食を止められるものなら止めてみろ!」などとすごむ保護者もいるという。

 東京都内のある中学では、1人当たりの給食の予算は1日280円だったが、260円分に抑えざるを得なくなった。給食費の未納は、給食の質や量を低下させるという事態を招いている。

 学校給食法は、子供たちに給食を提供するよう自治体に「努めなければならない」と努力義務を規定。そのための設備や調理員の人件費は自治体が負担するが、食材費は保護者が負担するよう定めている。文科省学校健康教育課では「結局は保護者のモラルの問題。学校を通じて給食は自己負担であることへの理解を求めるしかない」と話している。
[PR]
by exist2ok | 2006-10-02 03:06 | 雑感
<< 2000円札:もっと使おう 沖... 「空爆で石器時代に戻る覚悟を」... >>



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧