すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

ソ連末期に「41分割」案 アンドロポフ氏倒れ実現せず 元側近証言

これは、腐った体質は崩壊まで突き進むことが運命付けられてるよ、って言われたようなエピソードですな。




ソ連末期に「41分割」案 アンドロポフ氏倒れ実現せず 元側近証言

 【モスクワ=内藤泰朗】ソ連時代の末期に、多民族国家の同国を民族によらない41州の行政区に分割する案が考案されたものの、主導したアンドロポフ書記長(当時)が病で倒れ、実現しなかったことが、同書記長の補佐官を務め9日に死亡したウォリスキー前ロシア産業企業家同盟会長の生前インタビューで明らかになった。ロシアの日刊紙コメルサントが報じた。

 それによると、ブレジネフ書記長の死後、指導者となったアンドロポフ氏は、民族別に区分けされたソ連の行政区を消滅させるという切望があった。民族対立や差別は当時からあったが、民族問題を解決するため、ウォリスキー氏に新行政区を考案するよう命じた。

 同氏は、15の案を提出したが、書記長はいずれも気に入らず、友人である科学者のベリホフ氏(現ロシア・クルチャトフ研究所所長)と2人で地図をにらみながら作業を行い、41州に分割する案ができた。しかし、完成とほぼ時を同じく、書記長が倒れ、同案は最後まで完成しなかった。

 ウォリスキー氏は、もし、同案がソ連共産党中央委員会にかけられていたら、ソ連崩壊後独立した各共和国の指導者たちも賛同し、その数年後突如起きた悲劇的なソ連の崩壊には至らなかったかもしれないと語った。

 同氏はまた、アンドロポフ書記長が後継者に実はゴルバチョフ氏を指名していたが、同書記長の死後、チェルネンコ氏が引き継ぐことになったソ連末期の政界のエピソードも披露した。

 ウォリスキー氏は、ブレジネフからゴルバチョフに至る4代にわたるソ連の歴代書記長に仕えた政界の重鎮。1991年12月のソ連崩壊後は、経済界の束ね役となり、知日派であることから日露賢人会議のメンバーにもなっていたが、病に伏し9日に74歳で死亡、12日に葬儀が営まれた。
(産経新聞) - 9月19日16時58分更新
[PR]
by exist2ok | 2006-09-20 01:27
<< 「空爆で石器時代に戻る覚悟を」... ロシアの態度とか 新石油パイプ... >>



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧