すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

「アメリ」について再び

ロシヤ・ウクライナは海賊版天国である。詳しいことはわからないが、ウクライナに至っては国際条約にも加盟していないので、なんと著作権が存在しない(らしい)。
ロシヤ語吹き替えのMPEG4ビデオCDがそこらにあふれている。値段はひとつ当たり大体20グリブニャ前後(およそ4~500円)。DVDだと55グリブニャくらい。やはり値段もそこまで行くと、本当に海賊版なのか怪しい気がする。ひょっとしたらちゃんと権利料を払っているのかもしれない(先日買ったロシヤ語版ウィンドウズMEとオフィスXPその他数々のアプリケーションが入ったCDは17グリブニャだっただけに正規版とは思えない)。
つい先日、ビデオCDで「アメリ」を見つけたので、再び見た次第である。これはかなり好きな映画なので、一言書いておきたい(まだの方は、ぜひ見てください)。

どこかでこの映画にセックス描写があることを非難している文章を読んだがそんなことを言うのは迂遠な気がする。だってこの映画のテーマは一言で要約すれば「人間関係」になるだろうから。外界と隔絶された家庭で育った少女が自分の殻を破ろうとする話であり、まあ、その過程がかなり奇抜でコメディーになっている(*1)。
言うまでもなく、セックスはきわめて重要なコミュニケーション手段の一つだ(*2)。サルに「ボノボ」という種類があるが、かれらは生殖のためだけではない交尾をする。喧嘩しそうになったり、精神的に不安定になりそうになるとちょこっと交尾して関係や状態を修正するのである(これが乱交であることも興味深い点である)。

*1: 宣伝文句にあるように「みんなを幸せにするため」というのは留保したい。八百屋のコリニョン氏を懲らしめることは、アメリの内面において「みんなを幸せにすること」と同一に捉えられていると思われるから。である以上、「幸せ」という範疇でくくることはできない。

*2: 売春は男の本能のはけ口としてコミュニケーションの意味を薄められた商品だと思うが、僕自身は女を買ったことがないのでなんとも言えない。ひょっとしたらファッションヘルスやイメクラはコミュニケーションがあるのかもしれないが、その有無や質についても不明。

セックスというだけで目くじらを立てるような人は、どこかおかしな固定観念があるか、コミュニケーションがうまく出来ない人なのではないかと思う。正直に言えば、僕もコミュニケーションに不自由を感じる人間だが、少しは関係あると思っている。性に鷹揚な人はだいたい性格が少々いい加減だが面白く、しかも場の雰囲気をつかむのがうまい人が多い。
経験が少ない時分、往々にして初めての女性とのセックスがうまくいかないのは、リラックスできていないからだ。相手に対して自分を演じなければならないという警戒心が緊張につながり、その結果なえてしまう。これは会話の技術と共通する部分が多い。会話を楽しむ技術とセックスを楽しむ技術はほとんど同根だと僕は思っている。

映画「アメリ」の話に戻ると、はじめ彼女の紹介の「試してみたけどだめだった」という部分はこれまでの彼女の対人関係をも象徴しているから決して欠かせないのである。物語の最後で対面するなりセックスとなってしまうこともこの話の主題がこの少女の対人関係の改善にあることの象徴として(犬の嗅ぎ合いみたいなキスも同様に象徴的だ)十分納得できる。「ファンタジーにまで性描写を持ち込むフランス映画」と迂闊に言っては駄目なのである。そういうことは一個人の潔癖症や偏見で容易に指摘することが出来るが、なんらの衒いなくセックスを日常生活(セックスはまさしく僕らの生活ではないだろうか?)の一部として(*2)描ける精神を培っているのは百年やそこらの精神的営みではない。デカルトの国は「方法序説」を読む人々を必要としない、なぜならデカルトと同じように生きる人びとによって支えられているから、という言葉があるが誇張でもなんでもないことが映画一つをとってもわかる。
この映画のジャンルはファンタスティック・コメディーであるが、内的論理も何もなくいきなり純然たる空想だけが一人歩きして恣意的な妄想が膨らんでいく日本映画のファンタジーとはレベルが違う。それは登場人物の断面が実に簡潔かつ具体的に描写されているから、そこから生々しい生活が予想される。目線や言葉、ちょっとした反応一つが個性的でその人の人生が覗ける。そういうことをおろそかにしない。いうならば、空想に遊離していかない地に足の着いたファンタジーといえる(おそらく、フランスの義務教育で課せられる哲学の学習がこういう強靭な思考の足腰を作り上げていると思われる)。
空想と現実との摩擦をダウン症の青年を通して描いた映画「八日目」もその一例として挙げることができるだろう。この話では青年は食べるとアレルギーになるチョコレートを頬張って投身自殺する。だが、彼との接触を通してワーカホリックだった男性は人間的に再生する。障害を抱えて現実を放棄する青年は空想を追及するためには死ななければならないが、それは一粒の麦なのである。


*2: あくまで「一部として」。日本で過剰に発展しているポルノとは何の関係もないことを付け加えておく。ちなみにポルノ・メディアの氾濫は日本人の枝葉末節に偏向しやすい精神的歪みを象徴している。


すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
by exist2ok | 2005-07-11 20:27 | 雑感
<< ショスタコーヴィチの回想本 「中世の狂いと舞」考 >>



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧