すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

ゲンダイオンガク(現代音楽)

何故だか所謂”ゲンダイオンガク”なるものをきくようになった。
調性のない”キチガイ”音楽じゃない? というのはもっとも、とは思わぬまでも、何が楽しくてきくのかサッパリ、、、? だった。
それなのに何故か、このところCD棚から選ぶのはこれらの音楽ばかり。シェーンベルクやウェーベルンを筆頭にシチェドリンとグバイドゥーリナが主なところ。

”マルテの手記”の中に、ベートーヴェンの音楽が、自分を連れ去って二度とこちら側へ戻ってこれなくなるかもしれないので音楽を聴けない、とかいう部分がある。メロディーが感情にダイレクトに影響を及ぼす調性音楽はこちらに没我を促す。それは心に踏み込んでくる為(音楽の楽しみは心を蹂躪される楽しみでもある)、ときにわずらわしい。
はじめから感情的同調を拒否した(容易に許さない、というべきか)音楽が、きいている最中ですら音楽だけに耽溺できなくなった己に合うのだ。


おりしもブーレーズが指揮したシカゴ響のケルン公演のDVDがありストラヴィンスキーの”火の鳥”をみたら、バレンボイムと10分ほど対談していて無調について語っていた。バレンボイムの英語が酷くてあまり理解できなかったのだが、要するに沢山きいて曲の語る語法を知ること、と言っていたようだ。演奏者ですら触れる機会が少なすぎるというのは確かにいただけない。

日本のコンサートでもチャイコフスキー、ベートーヴェン、ブラームス、モーツァルトの有名曲ばかり演奏するのはいい加減卒業したらどうだろう?(これだけ多くのプロ・オーケストラが首都に集中し、しかもほとんど演目に差異がないという異常さ) 日本ではほとんどコンサートに行かなくなって久しいがこの国の音楽産業はスポンサーもそうだが、演奏家に主体性がなく圧倒的に堕落していると思う。レパートリー広げる努力を怠っているのは明らかだから。


ちなみに同じ日にゲルギエフ指揮(ウィーン・フィルだったか?)でバシュメットがシュニトケのヴィオラ協奏曲を弾いているDVDも見た。シュニトケはうっとりする旧来のメロディーラインに急にグロテスクな転調をかけるようなイメージがあるくらいしか知らないのだけど、自然に興味をひかれるようになった。
[PR]
by exist2ok | 2004-09-14 01:05 | 音楽
<< 定例公演  貰聟 唐船 12日(日) 第21回横浜かも... >>



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧