すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた

国立能楽堂 定例公演

2004年11月19日(金) 18:30

狂言 鳴子(なるこ) 石田幸雄(和泉流)
能   三輪 岩戸之舞(みわ) 香川靖嗣(喜多流)
b0023505_11152417.jpg

狂言では野村万斎が次郎冠者で出演する為か結構混んでいた。
__________
三輪()は金春流の定例公演で爆睡した経験あり。詩章が手元にあるのとないではおおちがいだ。今回は準備はそこそこ。
喜多流の香川師がシテを勤める。一、二度すでにこの人の舞台は見ているが特別に意識したことはない。しかし、今回は会場で謡教室のSさんと出くわし正統派との評価を引き出した。
前シテの面は「増」。装束は金と深草色の気品ある落ち着いた装い。香川師のハコビやセリフもインテンポ(滑らかであるのに型がきちっとしている)で超越した存在らしさが出ていた。この人も大仰なところはないが、只者ではない。
後シテの三輪明神が天照大神の天岩戸隠れを語る段の舞がみどころか。この日の面は小面か万媚か? 年若い女のものだったようだ。
天岩戸へ隠れる場面では扇で顔を覆う。そして出てくる場所ではなんと、はじめ杉の木に見立ててあった小屋の作り物に脇から一旦入ってそのまま正面から出てくる。能のこういう変幻自在な表現のもつ説得力は格別。少しも説明臭くない(むしろ極度に抽象化されていて分かりづらいのではと思い違いするほど)のに直感的に全てを悟らせてしまう高度な表現方法だ。


すみっこ(ウクライナ)で見た、聞いた、考えた
[PR]
by exist2ok | 2004-11-19 23:03 | お能
<< 東京交響楽団 東京芸術劇場シリ... 散歩 >>



メキシコ、N.Y. L.A.そして現在はウクライナのハリコフ市に住むおがわがお伝えします。コメント・TB大歓迎です。どんどん絡んでくださいね。
カテゴリ
全体
お能
能楽リンク
音楽
読書
雑感
芸能
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
海外口座の開設サポート ..
from 海外口座の開設サポート グロ..
東京都新宿区簡易宿泊施設
from 東京都新宿区簡易宿泊施設の紹介
仙台ライオンズマンション
from 仙台ライオンズマンション情報
湯西川温泉観光
from 湯西川温泉観光案内
低所得者のモラル低下深刻..
from bogusnews
もう・・・今日は徹底的に..
from ブログアフィリエト・投資・メ..
児童・生徒の安全確保のた..
from PTAメールセンター
ロシアの外貨準備
from 為替王
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧